おまとめローンはどうして総量規制の対象外なのか

総量規制は基本的に個人の借り入れについて、年収の三分の一に制限されるという制度であります。ただし、総量規制は貸金業法での規制でありますので、消費者金融に代表される貸金業者に適用され、銀行法で規制を受ける銀行には最初から適用されません。

しかし、総量規制にはいくつかの規制の例外が存在しており、その一つにおまとめローンの借り入れの場合は総量規制の対象外となる例外となっています。おまとめローンが顧客に一方的に有利になる借換えに相当するからです。おまとめローンではあっても顧客に一方的に有利でなければ総量規制の対象になりますが、具体的におまとめローンでは毎月の返済額や総返済額が少なくなる借換えならば、顧客に一方的に有利ということになる場合が多くなります。

ですが、勘違いしてはいけないのは、おまとめローンが総量規制の対象の例外ではあっても、誰でも利用できるというわけではありません。一般的にはおまとめローンは複数の借り入れを一本化することですから借入金額が大きくなる可能性が高いですから、融資をする方の審査も厳しくなることが考えられます。いくら顧客に一方的に有利なおまとめローンであっても、借換えができなければ意味はありません。


関連記事

このページの先頭へ