アルバイトでもお金を問題なく借りられます。

キャッシングを申し込むときに、多くの方が心配になるのが審査に落ちるのではないかということです。

しかし、一般的にキャッシングは相当の融資額を求めない限り審査に落とされることはあまりありません。

確かに収入が少ないのに、100万円の融資を希望しても、多くの金融会社で審査ではじかれてしまうのは確かです。

しかし、10万円くらいの融資であれば審査にも悠々と通りますし、アルバイトやパートなどの雇用形態が有期であるような仕事でも全く問題がありません。

多くの場合、仕事を続けているかどうかがキャッシングの審査には重要で、月収も必要ですが、勤続年数が会社側にとってはその人の信用度を計るのに使われているわけです。

つまりは、日雇いのアルバイトの場合には非常に勤務の日数が不定期になるため、その分収入も不安定になりますから、審査は通りにくくなります。

しかしながら、アルバイト契約であってもフルタイムで週に5日程度仕事をするという場合には、これは安定した収入が得られていると判断されるため、融資の対象となりやすいわけです。

なので、雇用形態だけで自分はキャッシングが使えないと思い込んでしまうのは時期尚早ですし、仕事の形態に関わらずお金を借りられる機会はあるということなのです。


関連記事

このページの先頭へ